全6345文字

 「土地を貸していなかっ?#37089;長趣?#32771;えるとぞっとするよ」

 一族の綿花畑を前に、ラス?ペティは安堵の?#37089;?#24687;をついた。冷?#37089;?#39080;が吹き付ける大地。弾けた綿花?#21069;駐?#26579;まった畑を見上げれ?#23567;?#30333;亜の風力発電タービンが屹立している。

 テキサス州ダラスから西に4時間ほどクルマで走ったノーラン郡に、綿花畑や牧場など6000エーカーの土地を所有するペティ。彼の敷地では43基の風力タービンがブワーン、ブワーンという独特の音を響かせている。

 ペティ家が農場の敷地を風力発電事業者に貸し出し?#37089;韋?#32191;花栽培を補完する?#37089;幛饋?#33618;涼としたテキサス西?#37089;?#38632;が少なく、穀物の栽培には不向き。その?#37089;帷?#36786;家の大半は乾燥に強い綿花と酪農で生計を立てている。だが、頼みの綿花も干ばつで打撃を受けることが少なくない。

 敷地の下には原油が埋まっており、石油会社に土地を貸し出しているが、原油の出は悪化しつつある。その中で、別の収益源を確保する?#37089;幛恕?#39080;力タービン建設という発電事業者の誘いに乗っ?#37089;韋饋?006年の完成当時、世界最大の風力発電所だったホースホロー風力エネルギーセンターである。

 「収入はタービン1基につき年5000ドル。これがなければ2010~2011年の干ばつの時にかなりの牛を売ることになってい?#37089;坤恧Α?/p>

ペティ家の綿花畑。6000エーカーの土地に43基の風力タービンが立っている(撮影:Retsu Motoyoshi)
「風力発電による収入は大きな助けになっている」?#26085;Zるラス?ペティ氏(写真:Retsu Motoyoshi)

 「石油の州」というイメージの強いテキサス。事実、米国最大の油田地帯であるパーミアン盆地に足を運べ?#23567;ⅴ伐З`ル層から原油やガスをくみ上げる?#37089;幛違蓀螗駐窯筏幛ⅴ幞伐?#28286;沿いには大規模な海上油田や石油精製施設が点在する。

 テキサス州を一つの国としてみた場合、同州の原油生産?#37089;悉瑜?#26085;量490万バレル(2018年12月、陸上)。この数字は米国内は言うに及ばず、ロシア?#21435;單Ε弗ⅴ楗鷹ⅳ?#27425;ぐ世界3位の生産?#37089;扦ⅳ搿?/p>