全1751文字

 日経ビジネス3月11日号の特集「韓国 何が起きているのか?#24037;扦稀?#38867;国の政治や経済の現状と同時に、財閥が世論に翻弄される様子を紹介した。「財閥の中の財閥?#24037;?#35328;われるのがサム?#25915;螗哎氅`プだ。その事実上の?#21435;氓駐扦ⅳ?#26446;在鎔(イ?ジェヨン)サム?#25915;?#38651;子副会長は、韓国の景気浮揚への貢献を期待されながら、常に世論の逆風にもさらされている。

 
贈賄事件の一審で有罪となり、二審で執行猶予に。現在はグループ経営を率いている(李在鎔氏:YONHAP NEWS/アフロ)

 朴槿恵(パク?クネ)前大統領側への贈賄事件の一審で有罪となった李氏は、2018年2月の二審で執行猶予となり、1年ぶり?#21496;?#32622;所を出た。7月にはインドで完成した携帯電話機工場の新棟の記念式典に文在寅(ムン?ジェイン)大統領とともに参加している。グループ総帥として企業集団を率いる姿勢を外部に示したようだ。

 年内にも上告審が控えており、今後もしばらくは表立って発言したり、必要以上に目立った活動をしたり?#24037;毪長趣悉勝丹餞Α¥筏?#26412;来の李氏は取引先やグループ内のあちこちに顔を出し、積極的に話しかけるタイプの経営者だ。

 李氏は1男3女の長男として、小さい頃からグループ経営を世襲?#24037;毪?#21608;囲に見られながら英才教育を受け?#26420;盲俊%漸Ε?#22823;で東洋史を学?#21360;?#24950;大と米ハーバード大の大学院で経営学を専攻した。英語に加えて日本語も堪能。日本の取引先からは「人当たりが柔らかく、礼儀正しい?#24037;趣?#35413;価が定着しており、御曹司の雰囲気を漂わせている。

 メディアに抱負を問われて「さらに謙虚に、賢明でありたい?#24037;?#31572;えたことがある。海外法人に出向くと現地社員の名前を呼んで「あなたのことはよく聞いています。よろしくお願いします?#24037;?#35441;しかける。日本人と食事をした際は日本メーカーのビールを注文して「やっぱりおいしいで?#24037;汀工?#35328;う。相手に配慮したような発言ばかりが目立つ。

 頭を下げて謙虚に人の話を聞けという?#28014;?#26446;健熙(イ?ゴンヒ)会長の授けた帝王学を忠実に守っているようだ。韓国で財閥は庶民の憧れであると同時に嫉妬の対象。特権を得ている?#20154;激銫欷皮い?#36001;閥の中でもサム?#25915;螭?#24120;に世論の批判にさらされる。そういう意味からも謙虚な振る舞いが習い性となっているのだろう。