全1359文字

 「少し補足させてほしい」

 3月12日夕に開かれた仏ルノー?日産自動車?三菱自動車3社連合(アライアンス)首脳による記者会見。開始から1時間が経過し、終盤に差し掛かった頃だ。「アライアンス?オペレーティング?ボード」と呼ぶ新会議体の議長に就任するルノー会長のジャンドミニク??#25915;施`ル氏は、日産の西川広人社長兼最高経営責任者(CEO)の話が終わるや否やマイクをつかみ、こう切り出した。

会見で友好的な関係をアピールしたルノーの?#25915;施`ル会長(左)と日産の西川社長

 ?#31119;ēⅴ楗ぅⅴ螗工?#26032;体制に対する)ルノーの社員の反響が素晴らしく良い。日産自動車や三菱自動車でも同じだ?#20154;激Α?#20250;社を構成するのは人材だ。従業員が幸せで、それが良い方向だと受け止めてくれれ?#23567;ⅲēⅴ楗ぅⅴ螗工危?#21213;利は目に見えている」

 「3社には素晴らしい従業員がそろっている。才能豊かな従業員がそろっている。彼らが才能や文化を共有することで、大きな新しい波を作り出せる。だから私は、アライアンスの将来を楽観視している」

 ?#25915;施`ル氏がアライアンスの?#21435;氓駐趣筏?#26085;本で会見を開いたのはこれが初めて。その重要な場面で?#25915;施`ル氏が自ら日仏の従業員への思いを口にした意味は大きい。

 昨年11月の日産元会長のカルロス?ゴーン氏の逮捕は、少なからず多くの日産社員たちに衝撃を与えた。「我々を食い物にしていたのか」(日産社員)。そんな怒りの声が広がる中、社員たちは?#25915;施`ル氏の会見での発言に注目していたはずだ。

 「前向きな印象を持った。アライアンスを良い方向に導いてくれると感じた」。ある日産幹部は会見後、こう満足そうに話した。

 早くも日産社内の心をつかみ始めている?#25915;施`ル氏。その姿から記者が思い出したのは、2016年5月に目撃したあのシーンだ。

 燃費データの測定違反で?#25915;亥?#38283;いた記者会見。同社の鈴木修会長は会見が終盤になる?#21462;ⅰ袱長欷坤堡?#35328;っておきたい」とばかりに話し始めた。

 「いろんな不正が、(社員たち?#21361;?#35492;解と間違いがあって積み重なって、大きな国?#25105;?#23450;に反した不正をしでかした。小さな不正が積み重なった?#20154;餞?#29702;解している。そういう点で国?#25105;?#23450;通りにやるということをまず見直す、直そうということを末端まで正確にやっていく。きちん?#26085;?#20633;をしてまいりたい?#20154;激Α?#19981;正をお詫?#30001;轆?#19978;げると同時に、ご理解をいただき、信頼回復に応えることをやっていきたい。どうぞよろしくお願いします」

 こう言って、深々と頭を下げた。ゆっくりと言葉をかみしめるように話す「修節」。文面だけみると伝わりにくいが、その場にいる?#21462;?#37428;木会長の社員をかばう思いが伝わってきた。「社員は誤解と間違いから小さな不正を積み上げてしまったけれど、責められるべきは、社員にそうさせてしまった経営者」?#21462;¥長欷?#24460;日談だが、そんな会見での鈴木会長の姿に、涙を浮かべる社員もいたという。

 社員の心に訴えかける?#25915;施`ル氏の発言は、この時の鈴木会長に重なる部分があった。修節ならぬ「?#25915;施`ル節」。今後も3社の従業員たちの心をつかみ続け、アライアンスを一つにまとめられるか。

タグ「1分解説」をフォローしませんか

旬の話題やニュースを分かりやすく手短に解説。フォロー機能を設定する?#21462;ⅰ?分解説?#25915;駿挨?#20184;いた記事が配信されると画面上で通知されます。「#1分解説」でフォロー機能を設定できます。