全931文字

 仏ルノー、日産自動車、三菱自動車の3社連合は12日、提携推進のための「アライアンス?オペレーティング?ボード」を新たに立ち上げると発表した。これまでアライアンスの「ワン?#21435;氓住工趣筏?#21531;臨してきたカルロス?ゴーン氏の逮捕を受け、3社首脳の合意の下で協業を深める場とする。もっとも、日産にとってはこれで問題が解決できたとは言い難い。ゴーン氏の暴走を許したガバナンス体制をどう改めるか。抜本的な改革が欠かせない。

 12日午後、ルノーのジャンドミニク??#25915;施`ル会長、ティエリー?ボロレCEO(最高経営責任者)、日産の西川広人社長兼CEO、三菱自の益子修会長兼CEOが共同記者会見を開き、明らかにした。西川社長は「アライアンスの?#25429;?#21270;、推進に向けた非常に大きな一歩」と強調した。

ルノーの?#25915;施`ル会長(左)が新たな協議体の会長に就く

 ただ、日産の課題はアライアンスの舵取りだけではない。ゴーン氏の逮捕が浮かび上がらせたのは、取締役会が経営の執行を適切に監督できず、監査役も機能していなかった日産のガバナン?#20849;?#20840;の実態だ。

 日産は事件後、外部有識者らで構成する「ガバナンス改善特別委員会」でガバナンス体制の見直し議論を深めている。委員会は3月末にも提言をまとめる方針だ。監督と業務執行を分離する「指名委員会等設?#27809;?#31038;」への移行を盛り込む方向で、「指名」「監査」「報酬」の各委員会を設置し、メンバーの過半を社外取締役とすることを促すもようだ。

 アライアンスの協議が各社の歩み寄りによって進展するのと同?#25943;?#24418;だけではなく、新体制を有効に機能させる組織づくりも欠かせない。独立性の高い社外取締役や監査役を招き、日頃からの経営へのチェック機能を充実させることが理想だ。

 ただ、青山学院大学の八田進二名誉教授は「重要なのは経営者のモラル。(ゴーン氏の暴走を許してきた)これまでの経営陣がこのまま舵取り役を担ってもいいのか」と指摘する。日産を誰が導くか。そろそろ「ポ?#25915;?#35199;川」を見据えた議論も始める時かもしれない。

タグ「1分解説」をフォローしませんか

旬の話題やニュースを分かりやすく手短に解説。フォロー機能を設定する?#21462;ⅰ?分解説?#25915;駿挨?#20184;いた記事が配信されると画面上で通知されます。「#1分解説」でフォロー機能を設定できます。