全3419文字
現在の議論のテーマ
イノベーションを活性化?#24037;毪郡幛?#27424;かせないとされる「デザイン経営」。最近注目されていま?#24037;ⅳ餞玀餞狻弗釬頂ぅ蟆工頡?#32076;営に生かす?#24037;趣悉嗓韋瑜Δ勝長趣扦筏紺Δ?#35352;事下のコメント欄に、皆さんのご意見をお聞かせください。

 イノベーションを活性化?#24037;毪郡幛?#27424;かせない要素として「デザイン?#24037;?#27880;目されている。昨年には経済産業省?特許庁が「『デザイン経営』宣言?#24037;趣い?#25552;言を発表。デザインの視点を経営に生か?#24037;長趣?#37325;要性を指摘した。

 しかし、そもそも「デザイン経営?#24037;趣?#20309;? これから何を学べばいいのか? デザイ?#26045;`と一般のビジネスパーソンの距離はまだまだ遠い。「デザイン経営?#24037;?#29702;解し広めていくためには、事例を一つひとつ取り上げて議論し、自分たちが実践できる方法を模索していくことが必要だ。

 こうした問題意識から日経ビジネ?#24037;稀ⅴぅ違侃`ション支援などを手掛けるロフトワーク(東京都渋谷区)やGood Design Award(グッドデザイン賞)などを主催している日本デザイン振興会などの協力の下、Raiseのオープン編集会議プロジェクトで「デザイン経営を考える?#24037;?#38283;始した。

 2月4日、ロフトワーク?#24773;_催したキックオフ会議では「なぜ今、デザイン経営が必要か」「そもそもデザインとは何か?#24037;?#35696;論した。以下ではその議論の様子の一端を紹介?#24037;搿?br />
※オープン編集会議とは

 読者の声をアクションに繋ぐ「日経ビジネスRaise(レイズ)?#24037;?#27963;用し、日経ビジネ?#24037;?#21462;材を含む編集プロセ?#24037;衰姍`ザーの意見を取り入れながら記事を作っていくプロジェク?#21462;?#19968;部の取材に同行?#24037;搿弗`プン編集会議メンバー?#24037;?#20844;募。Raiseユーザー、オープン編集会議メンバー、編集部が協力して、日経ビジネス本誌の特集などを作っていく。

 2018年5月、経済産業省?特許庁が「『デザイン経営』宣言?#24037;趣い?#25919;策提言を発表した。「日本は人口?労働力の減少局面を迎え、世界のメイン市場としての地位を失った?#24037;趣い?#26360;き出しで始まるこの提言は、成熟した国内外の市場で生き残るため、企業が唯一無二のブランド価値を育て、顧客の本当のニーズをとらえてイノベーションを起こす必要性を説く。そのための有力な手法が「デザイン経営?#24037;坤趣いΔ銫堡饋?/p>

 しかし、「デザイン経営?#24037;?#20855;体的に何を指し、どのように優れているのか、提言?#25991;?#23481;だけではなかなか理解しにくい。そもそも、「デザイン?#24037;趣い?#35328;葉のイメージ自体、デザイ?#26045;`とビジネスパーソン、もしくはデザイ?#26045;`の中でも?#25943;─?#25417;え方があるようだ。オープン編集会議「デザイン経営を考える?#24037;違氓榨ぅ佶螗趣扦狻ⅰ袱餞玀餞猊釬頂ぅ?#32076;営とは何か??#24037;趣い?#21839;いが投げかけられた。

経営者の目を「質?#24037;?#20596;面に向ける

 「そもそもデザイン経営とは何なのか、端的に説明してほしい?#24037;取?#30011;像検査装置やオフィス家具を製造?#24037;毳駿韋?#40441;野雅央氏は疑問を口にした。デザイン経営を今後実践していこうと?#24037;?#31435;場だが、抽象的な議論がどうにも腑に落ちていなかったという。工学とデザインの領域にまたがって活躍し、「『デザイン経営』宣言?#24037;頦蓼趣幛駿倆`ムの一員でもあるデザインエンジニアの田川欣哉氏(Takram代表)は、「デザインの役割は、『質』について考えるこ?#21462;工?#31572;えた。