全4877文字

2014年に広がった個人向けの遺伝子検査サービスが次の段階に移ろうとしている。検査結果を活用してカスタマイズした商品やサービスを開発する。ただし、先行する米国企業に追いつくには課題も多い。

ジーンクエストの高橋祥子社長の遺伝子検査結果を利用して家具や内装を設計した(写真=吉成 大輔)

 2018年11月、商業施設の一角に展示されたエスニック調の寝室。ユーグレナ傘下の遺伝子検査サービス会社、ジーンクエスト(東京?港)の高橋祥子社長がベッドの上でリラックスした笑顔を見せる。この部屋は高橋社長の遺伝データを利用して設計した「ゲノムハウス」だ。