全1373文字

 2月24日に沖縄県名護市辺野古への基地建設の賛否を問う県民投票が実施された。簡単に整理する?#21462;ⅰ?#21453;対」が43万4273票(72.2%)、「賛成」が11万4933票(19.1%)、「どちらでもない」が5万2682票(8.8%)?#21462;?#25237;票した有権者の7割以上が「反対」の意思を表明している。投票率は52.48%だった。

(イラスト=小田嶋 隆)

 これについて沖縄1区を地盤とする日本維新の会の下地幹郎議員は、25日未明に「『反対』は43万人超、『反対以外』が計71万人」?#21435;磨ぉ`トしている。同じ日の県議会では、自民党の山川典二議員が「反対は有権者の37%で、半数を超えていない」と述べている。

 いずれも、「投票者のうちの72%超が反対票を投じた」ことを無視して、分母に「有権者」を持ってくることで、「反対」の印象を薄めている。